過払い金のスピード解決なら名古屋駅の弁護士にお任せ!圧倒的な評判と口コミで選ぶ名古屋駅前・片山総合法律事務所!

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所

過払い金スピード解決~名古屋駅の弁護士

〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目25-9 堀内ビル2階
(名古屋駅から徒歩3分・名古屋駅ユニモール地下街6番出口直結)

営業時間

平日 10:00〜16:00
(定休日:土・日・祝)

無料相談のご予約は今すぐ!

平日のみ10:00~16:00

052-533-3555

過払い金に力を入れる理由

新型コロナ対策実施中

4月29日(木)~5月9日(日)GW休業期間

ネット予約申込みをご利用ください!

片山総合法律事務所 

予約専用電話 平日のみ 10:00~16:00

相談予約受付電話番号:052-533-3555

10年以上過払い金請求に力を入れ続けています

過払い金請求に力を入れる理由

片山総合法律事務所受付

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、事務所設立以来、一貫して、過払い金請求に力を入れ続けています。

所長弁護士は、弁護士登録直後から、多数の過払い金返還請求の裁判や交渉にあたり、片山総合法律事務所設立後も、10年以上、一貫して、全ての案件を所長弁護士が担当する形を取り続けています。

こちらのページでは、なぜ、片山総合法律事務所が過払い金請求に力を入れるのかについて、ご案内します。

消費者金融やカード会社が許せません!

違法金利を取り続けてきた消費者金融やカード会社

そもそも「過払い金」は、消費者金融やカード会社が、利息制限法という法律で決められた利率を超えた違法金利で貸していたから発生するものです。

消費者金融やカード会社が利息制限法を守っていれば、「過払い金」という問題は発生しなかったのです。

2007年(平成19年)ころまで、消費者金融やカード会社は、「グレーゾーン金利」と呼ばれる、まさにグレーな高い金利を設定して、個人の方からたくさんの利息の支払いを受けて、利益を上げてきました。

一方で、違法金利で借りざるを得なかった個人の方は、毎月の厳しい資金繰りの中で、とても大変な思いで、返済に追われ続けてきました。

本来払う必要がない、年20%を超えるとても高い金利で借りざるを得なかったので、返済は、想像を絶するほど大変だったと思います。

個人の方の犠牲のもとに、消費者金融やカード会社は、利益を上げまくってきました

消費者金融の社長の中には、高額納税者として、いわゆる「長者番付」に載る社長まで出ていました。

「多重債務」が社会問題化しても、消費者金融やカード会社は、容赦なく取り立てをし続けました。

「納得して借りたんだから、きちんと返せ」などと反社会的勢力のような取り立てが社会問題になることもあったほどです。

法律の制限を超える高い金利で貸し出して、返済が少しでも遅れると、家族や職場にまで平気で追い込みをかける。

こんな今なら考えられない方法を平気で取って、利益を上げ続けていたのです。

一人一人の方が、血のにじむような思いで返済したお金で、消費者金融やカード会社は大きくなり続けていたのです。

開き直った消費者金融やカード会社

このように消費者金融やカード会社は、違法な金利で莫大な利益を上げていました。

こうした中、2006年(平成18年)から2007年(平成19年)にかけて、最高裁判所で、利息制限法を超える利率での貸付けを違法とする判決が相次ぎました。

いわゆる「過払い金」の問題が社会的にも大きく取り上げられ、過払い金の返還請求が一気に増えていったのです。

ところが、こうした中でも、消費者金融やカード会社は、自分たちから過払い金を返そうとしませんでした。

「過払い金の存在を、自分たちから伝える義務はない」というのが、消費者金融やカード会社の言い分です。

通常の感覚であれば、法律に違反していたのは消費者金融やカード会社側ですから、消費者金融やカード会社側から、「利息をもらいすぎてしまい、申し訳ありませんでした」と、借主の側に返還されるべきものですが、消費者金融やカード会社は、「自分たちからは、過払い金の存在を伝える義務もないし、自分たちから自主的に返す義務はない」と公言してきたのです。

過払い金は、いつまでも請求できるものではありません。原則として、取引が終了してから10年が経過すると、過払い金は時効となってしまいます

「自分の取引に過払い金が発生しているかどうかわからない」という状態でも、相手方の消費者金融やカード会社は過払い金の存在を教えてはくれません。

そして、過去の借金の問題というのは、他人に相談しにくい問題です。

こうやって、多額の過払い金が、請求されないまま、毎日どんどん時効にかかってしまっているのです

「返すべき利息を自分たちから返さない」。

このような消費者金融やカード会社の態度、みなさんは許せますか?

本人で請求するのは難しい時代です

それでは、この「過払い金」。

みなさんの側から請求したら、相手方業者はすんなり返してくれるでしょうか?

今から10年以上前には、素直に支払いに応じた業者もありました。

ところが、相手方の消費者金融やカード会社は、次第に過払い金の支払いを渋るようになりました。

特に、2010年に消費者金融大手の武富士が倒産した頃からは、各業者とも過払い金の請求の対策に本腰を入れるようになりました。

 

「過払い金は裁判を起こせば必ず勝てる」というのは真っ赤なウソです。

相手方業者は、色んな法律上の争点を持ち出して、必死に争ってきます。

仮に和解交渉をしても、本人請求の場合は、請求額の10%ほどしか払わない業者もたくさんあります。

「過払い金請求なんて弁護士に頼まなくても自分でやれば大丈夫」。

ネットでこんな書き込みをみたことがあるかもしれません。

10年以上前は自分で請求できたかもしれません。

でも、今は、相手方業者の本気度が違います。

相手方業者が弁護士を立てるなどして、本気で争ってきます

「裁判は自分でできる」などというネット上のウソに騙されて、なんとか裁判を起こしたとしても、その後、相手方業者から大量の反論書面が届いた時、みなさんは対応できますか?

 

個人で請求してちゃんと取り戻せるような時代はとっくに終わっているのです。

過払い金請求に力を入れ続けるのには理由があります

過払い金請求は立派な「法律問題」です。

過払い金は、ご本人で請求するのが難しいからこそ、弁護士にご相談・ご依頼いただきたい分野です。

確かに、みなさんのイメージする弁護士は、大きな企業の顧問弁護士だったり、刑事事件の弁護をする弁護士だったりするかもしれません。

弁護士の中には、「過払い金請求なんて弁護士のやることじゃない」と考える弁護士もいます。

こうした弁護士は、企業の顧問弁護士だったり、お金持ちの相続の問題だったりが弁護士のやるべき仕事と考えているのでしょう。

でも、本当にそうでしょうか?

過払い金請求の問題は、深刻な法律問題です。

消費者金融やカード会社が、借りる側が金銭的に苦しいことに付け込んで、法律の限度を超える違法金利で貸出をしていたために、「過払い金」の問題が起こったのです。

こうやって違法金利に苦しんできた方々を救済することも、弁護士の立派な仕事だと当事務所では考えています

このため、所長弁護士は、弁護士登録直後から、10年以上にわたり、一貫して、過払い金請求の問題に取り組み続けているのです。

悪いのは借りた方ではありません!

「高い金利に納得して借りたんだから、過払い金を請求するなんて虫が良すぎる」。

そんな風に考えたり、言われたりして、過払い金の請求をためらっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

でも、納得して借りたかどうかなんて関係ありません。

法律に違反した金利は、いくらご本人が納得して借りたとしても、法律上無効です。

そもそも、みなさんがお金に困っていた状態、お金を借りざるを得ない状態に付け込んで、違法な金利で貸した消費者金融やカード会社が悪いのです。

みなさんが悪いわけではありません。

ここは大事なところだから、絶対に間違えないでください。

「他のもっと低い金利のところで借りていれば」。

そんな心のないことを言ってきた人もいるかしれません。

でも、本当にお金に困っている時に、各社の金利を比較してなんてできる精神的な余裕はありません。

一刻でも早く貸してくれるところ、1円でも多く貸してくれるところから、借りるのは、当然のことです。

だから、違法金利で借りたみなさんが悪いわけではありません

低い金利でも貸し出せたはずなのに、高い金利で貸して、暴利をむさぼっていた消費者金融やカード会社が悪いのです。

違法金利で苦しんだ方の味方です

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、事務所設立から10年以上、過払い金返還請求に取り組み続けてきました。

違法金利で苦しんできた方々に寄り添って、相手方の消費者金融やカード会社から、過払い金を取り返し続けてきました。

当事務所では、全国チェーンの対象処理型事務所とは違い、所長弁護士が相談から交渉・裁判、依頼者への連絡も全て一人で行っています。

効率を追求すれば、裁判を勤務弁護士に任せて、依頼者への連絡もスタッフに任せる方が効率的でしょう。

でも、そうやって規模を大きくしてしまうと、「違法金利で苦しんできた方の味方でありたい」というこだわりは、薄まってしまいます。ベルトコンベア方式の流れ作業では、所長弁護士のこだわりは実現できないのです。

このため、対象地域を東海地方に絞り、全ての件で面談を行うという非効率的な職人のような方法を10年以上堅持しています。

片山総合法律事務所は、これからも違法金利で苦しめられた方の味方であり続けます

「借金ことを誰にも言えなかった」。

そんな苦しみを抱えてきた方にこそご相談にお越し頂きたいと思っています。

これが、片山総合法律事務所が過払い金に力を入れる理由です。

違法金利で借りていた方とは?

いわゆる「グレーゾーン金利」と呼ばれた違法金利で借りていた方は、以下のような方々です。

  • 2007年(平成19年)以前から、消費者金融と取引があった方
  • 2007年(平成19年)以前から、カードキャッシングを利用されたいた方々

詳しくは、以下のリンク先でご紹介しています。

違法金利で借りていた方は、支払いが完了してから10年で時効になる前に、必ず弁護士にご相談ください。

取引期間を忘れてしまった方へ

相談予約申込みは今すぐ!

過払い金、どうしようかな」 とお考えの方。

悩んでいても、過払い金は戻ってきません!
まずは名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所の過払い金無料相談にお越しください!

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所エントランス

過払い金請求に真剣に取り組む弁護士が、
あなたの疑問や不安を解消いたします。

今すぐ、お電話かネットで、ご相談の予約申込まで済ませてください!

過払い金の相談料は無料です。

当日お持ちいただく費用はありません。

一歩踏み出して、お電話かネットでご予約下さい!(相談は完全予約制です)

過払い金相談時間

相談時間
11:00~12:00××
13:00~16:00

×

※法律相談は完全予約制ですので、事前にお電話かネットでご予約下さい!

事前にご予約の上、一度ご来所頂く必要があります。

※ご相談は、30分~60分程度です。

ご予約の時刻定刻に開始しますので、病院のような待ち時間はございません。

 

○平日

平日:①11:00 ②13:30 ③14:00 ④14:30 ⑤15:00

 

△土曜日月1回のみ土曜相談会を実施中

・5月は、5月22日(土)午後です。

土曜:①13:00 ②14:00 ③15:00

土曜相談も完全予約制です。事前の予約が必要です。

※土曜相談のご予約は前々日までに。前日・当日の予約・変更・遅刻・キャンセル不可です。

 

定休日:土曜・日曜・祝日

4月29日(木)から5月9日(日)は事務所休業日です。

相談予約申込はこちら

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所の受付

相談は完全予約制です!

片山総合法律事務所

予約専用電話 平日のみ 10:00~16:00

相談予約受付電話番号:052-533-3555

平日10:00~16:00

定休日:土曜・日曜・祝日

4月29日(木)から5月9日(日)は事務所休業日

予約専用電話 平日のみ 10:00~16:00

052-533-3555

※お電話がつながらない時は、ネット予約をご利用ください。

文責:弁護士 片山 木歩(愛知県弁護士会所属)

当サイトが提供する文章・画像等を、権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用をすることを固く禁じます。

事務所概要

片山総合法律事務所

片山総合法律事務所受付

営業時間:
平日 10:00〜16:00
(定休日:土曜、日曜、祝日)

052-533-3555

所長弁護士:片山木歩
愛知県弁護士会所属

住所

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅
3丁目25-9 堀内ビル2階

(名古屋駅から徒歩3分・
名古屋駅ユニモール地下街
6番出口直結)

事務所概要

次回の過払い金 土曜相談

名古屋駅の弁護士事務所ビル外観

名古屋駅の弁護士・
過払い金の土曜相談。

平日のみ10:00~16:00

052-533-3555

5月は、
5月22日(土)午後に開催します。

片山総合法律事務所

ご予約はお早めに!
(ネット予約は24時間365日受付中です。)