過払い金のスピード解決なら名古屋駅の弁護士にお任せ!圧倒的な評判と口コミで選ぶ名古屋駅前・片山総合法律事務所!

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所

過払い金スピード解決~名古屋駅の弁護士

〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目25-9 堀内ビル2階
(名古屋駅から徒歩3分・名古屋駅ユニモール地下街6番出口直結)

営業時間

平日 10:00〜15:00
(定休日:土・日・祝)

無料相談のご予約は今すぐ!

平日のみ10:00~15:00

052-533-3555

消費者金融の過払い金

新型コロナ対策

・営業日電話受付
⇒10:00~15:00

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所

7月1日(金)・13日(水)は、事務所休業日です。

予約電話受付 平日のみ 10:00~15:00

予約申込電話:052-533-3555

電話相談は行っていません

アコム、プロミス。レイクやアイフルから過払い金を取り戻しましょう!

消費者金融(サラ金)への過払い金請求

消費者金融(サラ金)を利用された方へ

アコムやプロミス、レイクやアイフルなど、消費者金融(サラ金)をご利用された経験のある方も多くいらっしゃるかと思います。

1990年代から2000年代は、テレビCMが数多く流れ、無人契約機も各地にたくさん作られていたため、消費者金融を利用された方が大変多くいらっしゃいました。

こうした消費者金融の多くの会社では、2007年(平成19年)以前は、利息制限法という法律で定められた利率を超えた金利で貸出しを行っていました。

2007年(平成19年)以前の主な消費者金融の利率は、以下の通りです。

2007年(平成19年)以前の消費者金融の利率

ブランド名約定利率
アコム

年27.375%など

プロミス年25.55%など

ポケットバンク・三洋信販

年29%など
レイク年29.2%など
アイフル

年28.375%など

シンキ・ノーローン

年29%など
CFJ(ディック・アイクなど)年29%など
ユニーファイナンス年29%など

 

では、なぜ、消費者金融各社は、「利息制限法」という法律で定められた金利を超えた金利で貸すことができたのでしょうか?

当時、「貸金業法」という法律では、細かい条件を満たしていれば、利息制限法の制限利率を超えた利率で貸すことも認められていました。

このため、消費者金融各社は、細かい条件を満たしているとして、利息制限法の制限利率を大きく超えた利率で、一人一人の利用者と契約を結び、融資を行うことができたのです。

ところが、裁判所で、「条件を満たしていない」と判断する判決が相次ぎ、2006年から2007年にかかて、最高裁判所でも、消費者金融各社の貸出利率を違法とする判断がなされました。

このようにして、消費者金融から利息制限法の制限金利を上回った利率で借りていた場合、「過払い金」が発生することになったのです。

この過払い金。

こちら側が待っていても、消費者金融(サラ金)から自主的に全額を返してもらう事はありません。

払いすぎた利息を返してもらったり、現在残っている債務を圧縮したりするには、みなさんの側から動き出さないといけないのです。

「グレーゾーン金利」で借りていた方が対象です

「過払い金」は、利息制限法という法律に定められた利率を超えた違法金利で借り入れをした場合に発生するものです。

  • 10万円未満の借入れの場合 年20%
  • 10万円以上100万円未満の借入れの場合 年18%
  • 100万円以上の借入れの場合 年15%

こちらの金利以上の金利で借入れがあった場合に発生するものです。

上記の表のように、年20%台後半などの利率が、過払い金の対象となる利率です。

以前は、「グレーゾーン金利」という言葉がありました。

ご存知の方も多いのではないでしょうか?

この「グレーゾーン金利」というのは、上記の利息制限法の制限利率は超えるものの、刑事罰のある出資法の上限に満たない金利のことを言います。

利息制限法は超えるので「黒」ですが、出資法の利率は超えない「白」ですので、混ぜ合わせて「グレー」な金利ということです。

 

出資法は、平成2年までは年109.5%、平成12年までは年40.004%、平成12年以降は年29.2%と非常に高い利率まで許容していました(現在は上限年20%)。

以前の貸金業法43条では、業者が要件を満たす事項を記載した書面を交付するなどの手続きを満たせば、「みなし弁済」とみなされて、利息制限法を超える金利で(グレーゾーン金利で)、貸すことができたのです。

その後、平成18年1月の最高裁判決で、サラ金が遅れた場合には一括返済を要求するという条項が入っている契約では、みなし弁済規定は認められないと判断しました。いわゆる「グレーゾーン金利」が違法金利であると判断されたのです。

このように、消費者金融(サラ金)から、利息制限法の制限利率を超える「グレーゾーン金利」で借入れをしていた方が、過払い金請求の対象者となります。

2008年(平成20年)以降の方は対象外です

2006年に最高裁が利息制限法の制限利率を超える金利を違法とする判決を出したことを受けて、「貸金業法」が同じ年に改正されました。

そして、消費者金融(サラ金)も、2007年(平成19年)以降に契約した方については、「利息制限法」で定められた利率を超えない利率で、契約を結ぶようになったのです。

このため、2008年(平成20年)以降に借り始めた方の場合、もともと契約上の利率が年18%や年17.8%になっています。

「利息制限法」では、10万円~100万円の借入れの場合は、年18%まで利率を上げることが認められていますので、このような金利では過払い金は発生しません。

以上の通り、いくらアコムやプロミス、レイクやアイフルなどから借り入れていても、必ず過払い金が発生するわけではありません。

2008年(平成20年)以降に始まった取引の場合、過払い金の対象外となりますので、ご注意ください。

また、2007年(平成19年)以前から、もともと低い利率で契約を結んでいる会社もあります。モビットアットローンキャッシュワンオリックスなどでは、たとえ2007年(平成19年)以前から取引が始まっていたとしても、過払い金は発生しません。

 

取引時期を忘れた方へ

以上のとおり、「サラ金からお金を借りた=過払い金が戻る」というわけではありません。

消費者金融(サラ金)と契約を結んで、取引を始めた時期がとても大事になります。

2007年(平成19年)以前から取引が始まった場合は、過払い金が発生している可能性があります。

一方で、2008年(平成20年)以降に、契約を結んで取引が始まった場合には、過払い金は発生しません。

そこで問題となるのが、契約を結んで取引を始めた時期を忘れてしまった場合です。

今から10年以上前のことになるので、もう忘れてしまっている方も多いと思います。

借金をするというのは、良い記憶ではないので、忘れたいと思って、忘れてしまった方も多いと思います。

でも、大丈夫です。

消費者金融(サラ金)との取引内容については、契約者本人からの請求があれば、消費者金融(サラ金)は、開示する義務を負っています(貸金業法19条の2)。

ご本人から消費者金融(サラ金)に対して、取引の記録(取引履歴)を開示する方法については、下記ページにまとめてあります。

「取引期間を忘れてしまった」という方は、ぜひ取引履歴を取り寄せてみてください。

過払い金の期限・時効に注意!

過払い金は、いつまでも請求するわけではありません。

過払い金は、原則として、取引が終わってから10年で時効になってしまいます。

「自分はまだ10年たっていないから大丈夫」。

そんな風に思っている方も、注意が必要です。

例えば、一度完済して再度借入れを始めた方や、取引の途中から返済だけになった方などは、最終的に取引が終了してから10年たっていなくても、過払い金が時効にかかってしまう可能性があるのです。

過払い金請求は、先延ばしして良いことはありません。

1日でも早く、過払い金の請求に向けて動きだしましょう!

消費者金融(サラ金)の倒産に注意!

消費者金融(サラ金)への過払い金請求は、悩んでいる場合ではありません。

せっかく過払い金が発生していても、相手方の消費者金融(サラ金)が経営破綻してしまうと、過払い金をきちんと取り戻すことができません。

このところ、消費者金融(サラ金)の経営破綻が相次いでいます。

 

  • 武富士 平成22年9月 会社更生法の適用申請
  • 丸和商事(ニコニコクレジット) 平成23年4月 民事再生法の適用申請
  • SFコーポレーション(旧三和ファイナンス)平成23年8月 破産手続開始決定
  • ニッシン(NISグループ) 平成24年11月 破産手続開始決定
  • クラヴィス(旧リッチ・ぷらっと) 平成24年7月 破産手続開始決定
  • クロスシード(旧ネオラインキャピタル) 平成25年12月 破産手続開始決定
  • ネットカード(旧オリエント信販) 平成29年11月 破産手続開始決定

 

特に、武富士は、消費者金融(サラ金)の業界最大手の1社でしたので、ご利用されていた方も多くいらっしゃったかと思います。

当事務所の所長弁護士も、武富士が経営破綻した際には、すでに過払い金返還請求事件を数多く手がけていて、その衝撃の大きさを実感しました。

武富士が経営破綻したことにより、武富士から全額過払い金を取り戻すことはできなくなりました。

武富士からの戻ってきた過払い金は、2回の配当あわせてわずか4.3%弱。

仮に、武富士に対して、過払い金が100万円発生していた場合でも、4万3000円弱しか戻ってこなかったのです。

 

また、丸和商事(ニコニコクレジット)は、静岡県掛川市に本社を置いていた会社であり、東海地方でのご利用者が大変多くいらっしゃいました。

丸和商事も、過払い金はほとんど戻ってきませんでした。丸和商事の場合は、武富士よりも低い、1.65%のみ。仮に過払い金が100万円あっても、戻ってきたのは1万6500円のみという計算になります。

 

このように、せっかく過払い金の対象になっていても、借りていた消費者金融(サラ金)が倒産してしまっては、過払い金をきちんと取り戻すことができなくなってしまいます。

過払い金請求の先送りは、とっても危険な選択といえます。

請求を迷っている方へ

消費者金融(サラ金)の過払い金相談は今すぐ!

「消費者金融(サラ金)の過払い金、気にはなっているんだけど」。

そんな状態で何年もそのままになっている方も多いのではないでしょうか?

特に消費者金融(サラ金)の場合、相手方の経営状態を考える必要があるため、過払い金のご相談・ご依頼は早めに進めた方が良いと思われます。

「でも、どこに相談したら良いのかわからない」。

そんな方のために、消費者金融(サラ金)の過払い金で事務所選びのアドバイスをご紹介しておきます。

全国チェーンの事務所には注意!

「全国どこからでも電話一本でOK!」。

過払い金請求の分野では、このような全国チェーンの弁護士法人・司法書士法人がたくさんあります。

テレビやラジオでたくさんCMを流しているのも、こうした全国チェーンの弁護士法人・司法書士法人です。

ところが、こうした全国チェーンの弁護士法人・司法書士法人については、実際に依頼した方から不満の声を聴くことがあります。

当事務所のご相談者の中にも、当事務所に来る前に全国チェーンの弁護士法人・司法書士法人に相談・依頼することがある方々から、以下のようなお話を伺ったことがあります。

  • 依頼した後、半年以上何も連絡が無かった
  • 担当者が毎回変わって困る
  • 名古屋で相談したのに東京の弁護士が担当している
  • 進捗状況の連絡が全くない
  • 一度相談しただけなのに営業電話が毎日かかってくる

もちろん、全国チェーンの弁護士法人・司法書士法人にも良いところはあると思います。

でも、過払い金請求は、あなたの大事なお金を取り戻す、大事な手続きです。

会ったこともない弁護士に任せるのは不安ではないですか?

特に、ベルトコンベア方式の流れ作業で進められてしまうことがないよう、以下のリンク先を参考にしてください。

司法書士の金額制限に注意!

「司法書士法人の方が敷居が低そうだから」。

そんな漠然とした理由で、過払い金請求を弁護士ではなく司法書士に相談しようと思っていませんか?

司法書士はもともと登記の専門家。過払い金請求については、司法書士は、140万円未満の案件しか、裁判や交渉を認められていません

特に、消費者金融(サラ金)は、融資枠が大きいこともあり、取引期間が長いと、過払い金が140万円を大きく超えるケースもたくさんあります。

「自分は大丈夫だから」と思っている方も、最初から弁護士に相談・依頼した方が圧倒的にスムーズです。

無料調査・無料診断に注意!

「電話一本、5分で無料診断!」。

こんなフレーズをテレビやラジオのCMで聞いたことありませんか?

全国チェーンの大量処理型事務所では、このような過払い金の無料診断や無料調査をやっている事務所も多いようです。

ところが、この無料調査や無料診断、診断結果に疑問があることも多いようです。

そもそも、過払い金の金額は、相手方の消費者金融(サラ金)から取引履歴を取り寄せて、きちんとすべての取引を計算しないとわかりません。

電話一本5分でわかるのは、あくまでも目安だけ。あなたにその金額の過払い金が発生するかどうかはわからないのです。

過払い金の無料調査や無料診断は、大量処理型事務所の集客手段にすぎません。

このステップを踏むことで二度手間になって過払い金が戻ってくる時期が遅れてしまう可能性もあります。

信頼できない無料調査や無料診断を利用するのではなく、過払い金請求は最初から過払い金に強い弁護士にご相談・ご依頼される方が、みなさんの利益になると思いますので、くれぐれもご注意ください。

ランキングサイトに注意!

「過払い金おススメ事務所BEST3」。

こんなタイトルのホームページを見たことありませんか?

こういうランキングを紹介しているホームページは、特定の事務所の広告サイトです。

そもそもこうしたランキングサイトでは、ランキングの根拠が全く示されていませんよね?

当然のことですが、特定の事務所が、特定の事務所を1位にするために作っているサイトなので、根拠なんてあるわけがありません。

特定の事務所がお金を払って業者にそういうサイトを作らせたり、サイトの作成者がそこから特定の事務所に予約をしたらお金をもらったりしているのが、こうしたサイトのからくりです。

だから、ランキングなんて完全にウソのランキングです。

ネット上には、こうした「騙されてはいけない情報」があふれかえっていますが、過払い金返還請求の分野でも同じです。

繰り返しになりますが、過払い金の事務所ランキングサイトにはくれぐれもご注意ください。

消費者金融の過払い金なら片山総合法律事務所

過払い金に力を入れる個人事務所

片山総合法律事務所受付

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所は、消費者金融(サラ金)に対する過払い金請求に力を入れ続けている事務所です。

2011年の事務所設立以来、アコムやプロミス、レイクやアイフルなど消費者金融(サラ金)各社に対する過払い金請求を数多く手がけてきました。

全国チェーンの大量処理型事務所とは異なり、過払い金請求の経験豊富な所長弁護士が、全ての方の案件の相談から裁判・交渉まで全て担当するのが特徴です。

このため、過払い金の依頼後も、1件1件迅速な対応を進めていますので、依頼後も安心です。

過払い金に強い弁護士が全件担当

過払い金請求で圧倒的な口コミと評判

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、2011年の事務所設立以来、名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県の東海地方にお住いのたくさんの方から、過払い金請求のご相談・ご依頼を頂き続けてきました。

みなさんが心配される弁護士費用についても、きちんとご依頼いただきやすいように細かい点まで工夫しています。

過払い金は、依頼する事務所によって、戻ってくる金額も、戻ってくるまでの期間も大きく異なる分野です。

過払い金は一度請求してしまうと、もう1回やり直しというのは難しい分野です。

後悔しない過払い金請求のためにも、消費者金融(サラ金)に対する過払い金請求については、最初から名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所までご相談・ご依頼ください。

過払い金・お客さまの声

過払い金・消費者金融会社ごとの対応状況

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、現在も、過払い金請求に力を入れています。

相手方の消費者金融(サラ金)との間でも、現在進行形で、弁護士が日々交渉を繰り返しています。

相手方業者の対応状況についても、しっかりと把握していますので、ご依頼後も安心です。

みなさんが過払い金を請求する会社のページもあると思いますので、下記リンク先をご覧ください。

相談予約申込みは今すぐ!

一歩踏み出して相談予約

過払い金、どうしようかな」 とお考えの方。

悩んでいても、過払い金は戻ってきません!
まずは名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所の過払い金無料相談にお越しください!

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所エントランス

過払い金請求に真剣に取り組む弁護士が、
あなたの疑問や不安を解消いたします。

今すぐ、お電話かネットで、ご相談の予約申込まで済ませてください!

過払い金は、初回相談は無料0円です。

当日お持ちいただく費用はありません。

一歩踏み出して、お電話かネットでご予約下さい!(相談は完全予約制です)

相談予約申込はこちら

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所の受付

相談は完全予約制です!

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所

定休日:土曜・日曜・祝日

7月1日(金)・13日(水)は、事務所休業日です。

予約専用電話 平日のみ 10:00~15:00

052-533-3555

※電話相談は行っていません。

※お電話がつながらない時は、ネット予約をご利用ください。

過払い金法律相談枠

相談時間
11:00~12:00××
13:00~15:00

×

※法律相談は完全予約制ですので、事前にお電話かネットでご予約下さい!

事前にご予約の上、一度ご来所頂く必要があります。

※ご相談は、30分~60分程度です。

ご予約の時刻定刻に開始しますので、病院のような待ち時間はございません。

 

○平日:随時実施中

平日:①11:00 ②13:30 ③14:00 ④14:30 ⑤15:00

・日時はご予約の際に調整します。

・上記時間帯以外のご相談希望の方は、個別にお問い合わせください。

 

△土曜日月1回のみ土曜相談会を実施中

・7月は、7月23日(土)午後です。

・8月の土曜相談は、お休みです。

土曜:①13:00 ②14:00 ③15:00

土曜相談も完全予約制です。事前の予約が必要です。

 

定休日:土曜・日曜・祝日

7月1日(金)・13日(水)は、事務所休業日です。

相談予約申込はこちら

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所の受付

相談は完全予約制です!

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所

定休日:土曜・日曜・祝日

7月1日(金)・13日(水)は、事務所休業日です。

予約専用電話 平日のみ 10:00~15:00

052-533-3555

※電話相談は行っていません。

※お電話がつながらない時は、ネット予約をご利用ください。

サイトについて

文責:弁護士 片山 木歩(愛知県弁護士会所属)

当サイトが提供する文章・画像等を、権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用をすることを固く禁じます。

事務所概要

片山総合法律事務所

片山総合法律事務所受付

受付時間:
平日 10:00〜15:00
(定休日:土曜、日曜、祝日)

052-533-3555

所長弁護士:片山木歩
愛知県弁護士会所属

住所

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅
3丁目25-9 堀内ビル2階

(名古屋駅から徒歩3分・
名古屋駅ユニモール地下街
6番出口直結)

事務所概要

次回の過払い金 土曜相談

名古屋駅の弁護士事務所ビル外観

片山総合法律事務所・
過払い金の土曜相談会

平日のみ10:00~15:00

052-533-3555

・7月は、
7月23日(土)午後
に開催します。

片山総合法律事務所

ご予約はお早めに!
(ネット予約は24時間365日受付中です。)