過払い金のスピード解決なら名古屋駅の弁護士にお任せ!圧倒的な評判と口コミで選ぶ名古屋駅前・片山総合法律事務所!

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所

過払い金スピード解決~名古屋駅の弁護士

〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目25-9 堀内ビル2階
(名古屋駅から徒歩3分・名古屋駅ユニモール地下街6番出口直結)

営業時間

平日 10:00〜17:30
(定休日:土・日・祝)

無料相談のご予約は今すぐ!

平日のみ10:00~17:30

052-533-3555

司法書士と弁護士の違い

司法書士は金額に上限あり!

司法書士には過払い金140万円の金額制限があるんです!

過払い金請求・弁護士と司法書士との違いは?

過払い金、弁護士と司法書士どっちに頼もう?

「弁護士と司法書士、何が違うの?」
「司法書士の方が費用安いみたいだけど。」

過払い金請求については、弁護士以外にも司法書士が取り組んでいます。

過払い金請求を弁護士に頼むのと司法書士に頼むのとで結局何が違うのか、よくわからない方も多いかもしれません。

でも特に取引が長い方や過払い金請求を全てお任せしたい方は、弁護士に頼むか司法書士に頼むかで大きな違いがあるんです。

法務大臣認定司法書士は、過払い金の金額が140万円を超える場合や現在の債務が140万円を超える場合には、相談や依頼を受けることはできません!

過払い金の金額が140万円を超える場合、法務大臣認定司法書士は、裁判を起こすことができないのはもちろん、ご本人の代理人として、相手方業者と交渉することもできないのです!

この点は、司法書士のCMやホームページなどで、ほとんど言及されていません。

取引が長かった方は、最初から、名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所までご相談ください。

過払い金の請求は、弁護士の他にも司法書士が取り組んでいます。

では、弁護士と司法書士との違いはどこにあるのでしょうか?

一番の違いは、過払い金が140万円を超えた件に、司法書士は代理権がないというところにあります。

弁護士はどこの裁判所でもご本人の代わりに裁判に出られますが、法務大臣認定司法書士は、簡易裁判所だけしか、ご本人の代わりに裁判に出られませんし、過払い金が140万円を超えた場合、相手方業者との交渉権限も認められません。

過払い金が140万円を超えた場合、貸金業者を相手取った裁判は地方裁判所に訴えを提起します。

この場合、弁護士であれば、ご本人の代わりに裁判に出ていくことができますが、司法書士の場合は、地方裁判所での代理権を認められていないため、司法書士にご依頼されてしまうと、ご本人が自ら裁判所にいかなくてはなりません。

裁判は平日の昼間に開かれますので、休みをとって裁判所に行き、裁判官からの質問などに答えないといけないのです。

また、貸金業者が簡易裁判所での判決を不服として「控訴」してきた場合、裁判は地方裁判所で続きます。
ところが、このケースでも司法書士だとご本人の代わりに裁判所に行くことができません。

「司法書士が同行しますので大丈夫です」などと説明しているようですが、実際に法廷の原告席に座るのは依頼者の方ご本人です。

司法書士は傍聴席に座っていますが、裁判官によっては傍聴席の司法書士がご本人と話すのをとても嫌う裁判官もいますので、結局はご本人が全て対応しないといけません。

「悪意の点についてどのようにされますか?」
「取引の分断について最高裁の基準にあてはめるとどうですか?」
このような質問を裁判官から直接されて、答える事を求められることもあるのです。

当然、ご本人も腰が引けてしまいますよね。

このように、司法書士に依頼して、過払い金が140万円を超えていた場合、過払い金をしっかりと回収しようとすると、ご本人が、自ら、裁判所に出向かないといけないケースが出てきます。

しっかり回収しない場合でも、過払い金が140万円を超えると、法務大臣認定司法書士には、相手方業者と交渉をして、話をまとめる権限すらないのです。

せっかく専門家に依頼したのに、これでは依頼した意味がないですよね。

またご本人が裁判所に出かけたのに、過払い金の報酬だけ司法書士に支払わないといけないのは、とてもおかしなことだと思いませんか?

「自分の場合は、過払い金が140万円も行かないから」。

そんな風にお考えの方も注意が必要です。

特に借入れていた金額が多い方や取引期間が長い方は、過払い金は思った以上に出てくるものです。

過払い金の回収は、最初から最後まで全てお任せ頂ける弁護士に、最初から依頼した方が安全です!

過払い金、低い金額での和解で満足ですか?

弁護士と司法書士との最大の違いは、過払い金が140万円を超えた件の場合、法務大臣認定司法書士には、相手方貸金業者との交渉を行う権限や裁判を起こす権限がないという点にあります。

このため、法務大臣認定司法書士の中には、「140万円のカベ」の中で過払い金の和解をまとめてしまおうとする司法書士もいるようです。

140万円を超えると自分たちで和解ができないから、依頼者にきちんと説明しないで、相手方業者に対する請求金額を下げて和解をするようなケースです。

ご本人に対して、「裁判をすると仕事を休まないといけませんよ」とか「裁判をしたらとても長引きますよ」などと説明して、アコムやSMBC(プロミス)、レイクなどとの間でも、過払い金の元金を下回る金額で和解するケースも多いようです。

参考記事:西日本新聞平成24年1月14日の記事

 

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、アコムやSMBC(プロミス・ポケットバンク)、レイクなどからは過払い金の元金だけでなく少なくとも和解日までの利息を付けた金額をきちんと満額回収する方針で取り組んでいます。

また、どの裁判所でもご本人の代わりに裁判をすることが出来ますので、ご本人に裁判所に行って頂く必要はありません。

取引期間の非常に長い方は、ぜひ安心して全てをお任せいただける名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所にご依頼ください。

みなさまの過払い金をきちんと満額回収するために、スピーディーに取り組ます。

繰り返しになりますが、司法書士には過払い金が140万円を超える件には、交渉や裁判の代理権はありません。

司法書士の中には、140万円という枠を超えて、相手方業者と交渉をして、懲戒処分を受けた法務大臣認定司法書士もいるようです。

弁護士にご依頼頂いた方が、最初から最後まで面倒な手続きもなく、安心ですので、ぜひ最初から弁護士にご相談・ご依頼ください。

過払い金・司法書士の方が費用が安いって本当?

「弁護士よりも司法書士の方が費用が安そう」

過払い金のご相談にいらっしゃる方には、このような「イメージ」をお持ちの方がたくさんいらっしゃるようです。

弁護士というとドラマなどの影響で、とてもお金がかかるというイメージが定着してしまっているようですね。

このため、過払い金請求でも、「弁護士は費用が高くて、司法書士は費用が安い」という先入観をお持ちの方が多くいらっしゃるようです。

でも実際はどうでしょうか?

司法書士のホームページなどをご覧になられた方はお分かりかと思いますが、報酬割合は過払い金回収額の20%というところが多いと思います。

これは、名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所の報酬割合と何ら変わりません。

さらに、司法書士法人の中には、裁判を起こしただけで、報酬割合が大幅にアップするところも多いようです。

当事務所では、裁判を起こした場合(訴訟提起の場合)でも、報酬割合は回収額の20パーセントのままです。

こうした司法書士法人よりも全然費用が安いのです。

司法書士の中には、「弁護士は費用が高い」というイメージを利用して、集客を図っている所もあるようですが、上記のように「弁護士だから高い」というのは、完全な偏見ですので、くれぐれもご注意ください。

当事務所の費用体系については、以下のページをご覧ください。

過払い金の弁護士費用

また、弁護士だからといって、取引の短い方の過払い金請求について、ご依頼をお断りすることなどは一切ございません。

たとえ少額でもしっかりと回収を進めていきます。

過払い金の金額に左右されずに、全てお任せ頂ける弁護士にぜひ相談ください!

大量処理型事務所に注意!

「過払い金を5分で無料診断!」

「過払い金の事前調査を無料で行います!」

大手司法書士法人や弁護士法人の中には、こうやって「調査だけ」とか「診断だけ」などとハードルを下げて、お客さんを集める傾向が非常に強いようです。

「電話一本で済むなら」とこうした大型事務所にご依頼をお考えの方もいらっしゃるとかと思いますが、大量処理型事務所には問題のある事務所も多いようですので、みなさんご注意ください。

 

相談予約申込みは今すぐ!

過払い金、どうしようかな」 とお考えの方。

悩んでいても、過払い金は戻ってきません!
まずは名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所の過払い金無料相談にお越しください!

弁護士バッジと弁護士手帳

過払い金請求に真剣に取り組む弁護士が、
あなたの疑問や不安を解消いたします。

過払い金の相談料は無料です。

当日お持ちいただく費用は一切ありません。

一歩踏み出して、お電話かネットでご予約下さい!

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所外観

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所は、名古屋駅から徒歩3分

名古屋駅ユニモール地下街6番出口直結堀内ビル2階にあります。

1階にジュンク堂書店とソフトバンクのショップが入る歴史と伝統のあるオフィスビルに入っています。

駅に近いだけの雑居ビルではありませんので、安心です!

ご相談は完全予約制となりますので、事前にお電話かネットで、ご予約ください。

過払い金相談時間

相談時間
11:00~12:00××
13:00~17:30

×

○平日11:00~12:0013:00~17:30

※最終相談開始:17:00スタート

(ご相談内容により17:30スタートも可能です。個別にお問い合わせください)

△土曜日月1回土曜相談を実施中

13:00~17:00(最終16:00スタート)です。
※土曜相談のご予約は前々日までに。前日・当日の予約・変更・遅刻・キャンセル不可です。

※法律相談は完全予約制ですので、事前にお電話かネットでご予約下さい!

※相談時間は30分~60分程度です。

ご相談は、ご予約の時刻定刻に開始しますので、病院のような待ち時間はございません。

定休日:土曜、日曜、祝日

▼平日の過払い金無料相談のご予約は、随時受付中です。

▼土曜相談は月1回程度実施します。

  • 11月は、11月17日(土)の予定です。
  • 12月は、12月15日(土)の予定です。
  • 土曜相談はご予約で満席になることがほとんどですので、ご予約はお早めに!

相談予約申込はこちら

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所の受付

相談は完全予約制です!

片山総合法律事務所

平日10:00~17:30

(定休日:土曜・日曜・祝日)

平日のみ10:00~17:30

052-533-3555

※予約専用電話です。

※お電話がつながらないときは、ネット予約をご利用ください!

※当事務所では、電話での過払い金相談は一切行っておりません。

上記電話番号ではご予約のお電話のみ受け付けております。

当サイトが提供する文章・画像等を、権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用をすることを固く禁じます。

事務所概要

片山総合法律事務所受付

名古屋駅の弁護士・
片山総合法律事務所

052-533-3555

営業時間:
平日 10:00〜17:30
(定休日:土曜、日曜、祝日)

住所

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅
3丁目25-9 堀内ビル2階

(名古屋駅から徒歩3分・
名古屋駅ユニモール地下街
6番出口直結)

事務所概要はこちら

次回の過払い金 土曜相談

名古屋駅の弁護士事務所ビル外観

名古屋駅の弁護士・
過払い金の土曜相談。

11月の土曜相談は、
11月17日(土)です。

ご予約はお早めに!
(ネット予約は24時間365日受付中です。)