過払い金の圧倒的な評判と口コミで選ぶなら片山総合

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所

過払い金スピード解決!~名古屋駅の弁護士

過払い金に強い弁護士が全件担当!

対象地域

名古屋市・愛知県・岐阜県・三重県・静岡県

予約TEL

052-533-3555
※電話相談は行っていません

予約受付:平日のみ10:00~15:00

052-533-3555

解決フローチャート

過払い金返還請求の御依頼から解決までの流れをご紹介しております!

過払い金請求解決フローチャート

過払い金請求のご依頼

名古屋駅すぐの事務所でのご相談後にご依頼をお受けいたします。

ご相談・ご依頼は、弁護士が必ず全件直接お受けしますのでご安心ください。

初回のご相談は無料相談を行っておりますので、当日必要な費用はございません。

ご依頼いただいた場合の費用については、ご相談時にきちんとご説明差し上げます。

こちらのウェブサイトでもご紹介しておりますのでどうぞご覧ください。

ご相談・ご依頼方法

消費者金融・カード会社に
受任通知・取引履歴の開示請求を発送

  • 相手方貸金業者に残っているご本人の借入れと返済の記録(取引履歴)を出すように、相手方貸金業者に請求します。

  • 債務が残っている方は、月々の返済や借入れは、ご依頼後いったん止めて頂きます。開示された取引履歴をもとに正しい債務の金額を計算しなおし、新たに分割の支払いとして相手方貸金業者と弁護士が交渉を進める流れです。

  • ご依頼後は、弁護士が、ご本人に代わって相手方に対しての窓口になります。
    相手方からご自宅や会社への連絡などはありませんので、どうぞご安心ください。

取引履歴の開示

  • 受任通知の発送後、取引履歴が弁護士の事務所に送られてきます。

     

  • 早い業者では2週間ほどでFAXをしてくる会社もありますし、遅い業者(某カード会社)は、2か月から3か月かかることもあります。

     

  • 具体的な会社ごとの対応は、過払い金の無料相談の際にお話しいたします。

引き直し計算(過払い金額の確定)

  • 取引履歴が送られてきたら、すぐに計算に取りかかります。

     

  • 利息制限法に従った利息で取引をしたとしたら、現在までにいくら支払い過ぎになっているか(=過払い金がいくらあるか)を計算します。

     

  • ご本人でなさるのはとても大変です。また利息の設定などミスも起こってしまいます。

     

  • 「時は金なり」との言葉どおり、弁護士にお任せ頂いた方がトータルで見ればプラスになると考えます。
    ⇒取引履歴をご本人で取り寄せた後に、過払い金の請求をご依頼頂く形でもOKです。

業者に過払い金の請求書を送付

  • 過払い金の金額を確定したら、すぐに相手方業者に過払い金の請求書を送ります。

業者と過払い金の返還金額について交渉

  • 当事務所では、原則として、すぐに過払い金を請求する裁判を起こします。
    例外的に、判決をとっても十分な回収が見込めない会社を相手とする場合や依頼者の方が裁判を望まない場合は、例外的に、業者と和解のみで解決します。
     
  • 和解の際にどれだけの金額を引き出すかという点で弁護士の腕が問われます。
     
  • 過払い金については、弁護士が直接業務を行わず、弁護士資格の無い事務職員に任せきりの事務所も多いのが現状です。
    この点、名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、弁護士自らが必ず業務を行いますので、どうぞご安心ください。
     
  • 話がまとまれば、過払い金返還についての和解契約書の取り交わしを行います。

過払い金返還請求訴訟

  • 当事務所では、原則として、過払い金返還請求の訴えを提起します。
    特に裁判を望まない方については、ご相談時にその旨必ずおっしゃって下さい。
     
  • 訴え提起後も相手方の業者と和解交渉を行います。
    訴え提起後の和解交渉では、過払い金の元金全額と和解日までの過払い利息を要求する形で交渉を進めていきます。
     
  • 業者によっては判決が出ないと支払わないところや、アイフルなど必ず控訴審まで争ってくるところもあります。

和解または判決

  • 訴え提起後の和解や判決が出て確定することで、返してもらう過払い金の額が確定します。

過払い金の回収

  • 業者からの回収がきちんとなされたかをチェックします。

案件終了

  • 弁護士報酬および実費をご精算させていただき、ご本人にご返金して案件終了です。
     
  • なお、過払い金の精算は、1社ごとに行います
    全ての会社からの過払い金回収後に精算をすることを原則とするような大量処理型事務所ではございませんので、ご安心ください。
     
  • 名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、精算の際に、必ず明細書を発行します

過払い金・会社ごとの回収の流れ・フローチャート

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、現在も、過払い金請求に力を入れています。

相手方の消費者金融やカード会社との間でも、現在進行形で、弁護士が日々交渉を繰り返しています。

相手方業者の対応状況についても、しっかりと把握していますので、ご依頼後も安心です。

各社ごとの過払い金の特徴や回収までの流れや注意点をまとめてありますので、ぜひご覧ください。

消費者金融の過払い金

過払い金請求の争点

過払い金を請求する際に、問題となりうる点についてまとめてみました。

過払い金の消滅時効

過払い金は、法律的には、「不当利得」と言います。
「不当利得」は、原則として、10年間で消滅時効にかかってしまいます。

過払い金の消滅時効はいつから進行するかについては、以前争いがありましたが、最高裁は、最終取引日から進行すると判断しました(最高裁平成21年1月22日判決)。

つまり、過払い金は、原則として、最終取引日から10年以内に業者に請求しないと、法律的に1円も回収できなくなってしまいます。

この過払い金の消滅時効については、例外的なケースもあります。

取引の中で途中完済がある場合や取引の途中で借入れができなくなり返済だけになった場合などは、貸金業者側は、取引終了から10年を待たずに過払い金が時効になると主張してきます。

詳しくは、下記リンク先をご覧ください。

取引の個数(取引の分断)

途中で債務を完済して、再度取引を開始した場合に問題となります。
このように一度債務を完済していると、貸金業者側は、前半の取引と後半の取引は別々の取引であると主張してきます。

このようなケースの場合に問題となるのは2点です。
1点目は、取引が別々になってしまうと過払い金の金額が少なくなってしまう点。
もう1点は、前半の取引については、前半の取引の終了時から10年間が過ぎてしまうと、消滅時効にかかってしまうため請求できないという点です。

途中完済があったとしても、解約手続きがあったかなかったかなどにより、「事実上1つの連続した取引」と認定される可能性もありますが、業者側は2つの取引と主張するため、裁判は長引く傾向にあります。

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、このような取引の個数が問題となる案件についても、非常に多数の裁判を経験しています。

ご相談される事務所を間違ってしまうと、業者の言いなりの数字で和解を迫られてしまうかもしれません。

前半の取引も含めた過払い金の請求が可能なのか否かについて、最新の裁判例も踏まえた的確なアドバイスを差し上げますので、名古屋駅の弁護士にご相談ください。

債権譲渡

少し難しい言葉ですが、たとえば、貸主がA社からB社に変わった場合、A社との取引との間で発生した過払い金がB社に引き継がれるかという問題です。

どのような会社同士で債権譲渡がなされたかにより、裁判所の判断が異なる場合もあります。

ご相談時に名古屋駅の弁護士が詳しくご説明差し上げます。

昔の履歴の不開示

平成一桁の時代の取引履歴について、会社によってはすでに廃棄処分してしまっていて、残っていないというケースがあります。

具体的には、ニコスやオリコなどに対する過払い金請求訴訟で問題となります。

履歴が残っていない以上、依頼者の方と業者との取引内容すべて計算していくことはできないので、過払い金の額について、業者の主張との間で大きな差が出ることがあります。

過払い金に利息が発生するか(悪意の受益者)

現在の過払い金返還請求訴訟で、業者側が必ずと言っていいほど争ってくるのがこの点。

簡単に言うと、業者側が違法金利であることをわかって貸し出しをしていたのかという問題なのですが、違法金利であるということをわかって貸し出しをしていたということになると、過払い金に年5%の利息(2020年4月以降は年3%)が付きます。

この点については、2011年12月に最高裁の判断が示されましたが、現在でも、多くの業者が争ってきます。

※この他、事案に応じて、様々な問題点がございますが、名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所の弁護士は、こうした過払い金のさまざまな問題点について、多数の案件で裁判経験があり、また最新の裁判例などについても熟知しております。

すべてクリアになるよう細かくご説明差し上げますので、ご安心ください。

相談予約申込みは今すぐ!

一歩踏み出して相談予約

過払い金、どうしようかな」 とお考えの方。

悩んでいても、過払い金は戻ってきません!
まずは名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所の過払い金無料相談にお越しください!

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所エントランス

過払い金請求に真剣に取り組む弁護士が、
あなたの疑問や不安を解消いたします。

今すぐ、お電話かネットで、ご相談の予約申込まで済ませてください!

過払い金は、初回相談は無料0円です。

当日お持ちいただく費用はありません。

一歩踏み出して、お電話かネットでご予約下さい!(相談は完全予約制です)

過払い金法律相談枠

相談時間
11:00~12:00××
13:00~15:00

×

※法律相談は、完全予約制です。

事前にご予約の上、一度ご来所頂く必要があります。

※ご相談は、30分~60分程度です。

ご予約の時刻定刻に開始しますので、病院のような待ち時間はございません。

 

○平日:随時実施中

平日相談枠:

①11:00 ②13:30 ③14:00 ④14:30 ⑤15:00

・日時はご予約の際に調整します。

・上記時間帯以外のご相談希望の方は、個別にお問い合わせください。

 

△土曜日月1回のみ

・12月は、12月17日(土)午後です。

土曜相談枠:

①13:00 ②14:00 ③15:00

土曜相談も完全予約制です。事前の予約が必要です。

 

定休日:土曜・日曜・祝日

相談予約申込はこちら

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所の受付

相談は完全予約制です!

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所

定休日:土曜・日曜・祝日

予約専用電話 平日のみ 10:00~15:00

052-533-3555

※電話相談は行っていません。

※お電話がつながらない時は、ネット予約をご利用ください。

過払い金無料相談の対象者について

※無料相談の対象は、2007年(平成19年)以前から、消費者金融(サラ金)やカードキャッシングを利用された方となります。

▼消費者金融も、カードキャッシングも、

平成20年(2008年)以降に始まった取引は、過払い金の対象外です。

たとえば、平成21年からアコムなどで取引していても、もともと適法金利での借り入れのため、過払い金は発生しません。

ショッピングのリボ払いでは、過払い金は発生しません。

銀行のカードローンでは、過払い金は発生しません

モビットオリックスなどは、過払い金は発生しません。

▼車やエステのローンは、過払い金は発生しません。

上記場合は、無料相談の対象外となります。

※適法金利のみの債務整理は、業務多忙のため、新規のご相談・ご依頼を見合わせています。

過払い金が発生しない場合

サイトについて

文責:弁護士 片山 木歩(愛知県弁護士会所属)

当サイトが提供する文章・画像等を、権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用をすることを固く禁じます。

事務所概要

片山総合法律事務所

片山総合法律事務所受付

受付時間:
平日 10:00〜15:00
(定休日:土曜、日曜、祝日)

052-533-3555

所長弁護士:片山木歩
愛知県弁護士会所属

住所

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅
3丁目25-9 堀内ビル2階

(名古屋駅から徒歩3分・
名古屋駅ユニモール地下街
6番出口直結)

事務所概要

次回の過払い金 土曜相談

名古屋駅の弁護士事務所ビル外観

片山総合法律事務所・
過払い金の土曜相談会

平日のみ10:00~15:00

052-533-3555

・12月は、
12月17日(土)午後
に開催します。

片山総合法律事務所

ご予約はお早めに!
(ネット予約は24時間365日受付中です。)