過払い金のスピード解決なら名古屋駅の弁護士にお任せ!圧倒的な評判と口コミで選ぶ名古屋駅前・片山総合法律事務所!

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所

過払い金スピード解決~名古屋駅の弁護士

〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目25-9 堀内ビル2階
(名古屋駅から徒歩3分・名古屋駅ユニモール地下街6番出口直結)

営業時間

平日 10:00〜16:00
(定休日:土・日・祝)

無料相談のご予約は今すぐ!

平日のみ10:00~16:00

052-533-3555

レイクの過払い金

新型コロナ対策実施中

4月29日(木)~5月9日(日)GW休業期間

ネット予約申込みをご利用ください!

片山総合法律事務所 

予約専用電話 平日のみ 10:00~16:00

相談予約受付電話番号:052-533-3555

レイクへの過払い金請求は片山総合法律事務所にお任せ下さい!

レイクの過払い金請求スピード解決!

レイクの過払い金のポイント

レイクについて

レイクは、現在、新生フィナンシャル株式会社が運営するカードローンです。

これまで、GEコンシューマー・ファイナンス株式会社や新生フィナンシャル株式会社が、利息制限法の制限金利を大幅に超える金利で貸し出しを行っていました。

以前は、「ほのぼのレイク」というブランド名で、宣伝しました。

レイクは、テレビCMが大変よく流れている会社の一つでですので、以前に借入れがあった方も多くいらっしゃるかと思います。

コーエークレジットを以前ご利用になられていた方も、レイクに吸収合併されていますので、過払い金の請求先はレイクとなります。

レイクも、他社と同様で平成19年12月2日より前に借入れを始めた方の場合、年29.2%などの違法金利での契約の可能性が高く、過払い金が発生したり、債務が減る可能性もありますので、ぜひ御相談にいらっしゃってください。

なお、レイクからの借り入れの場合でも、平成20年以降に借入を始めた場合には、もともと適法な金利(10万円以上100万円未満の借入れの場合、年18%以下)で、契約を結んでるため、何年取引があっても、原則として、過払い金は発生いたしません。

 

◆レイクの過払い金

契約時期過払い金発生の可能性
平成19年(2007年)12月2日以前
平成19年(2007年)12月3日以降×

 

旧レイクと新レイク

レイクは、もともとの「株式会社レイク」(旧レイク)から、平成10年11月に、GEキャピタルが設立した新しい「株式会社レイク」(新レイク)に変わっています

この点、以前は、旧レイク分も含めて過払い金を回収できていましたが、平成28年、29年ころから、「旧レイク分の取引は別会社の取引であり、過払い金は引き継がない」という主張を始めました。

争点自体はとても古い争点なのですが、あまり過払い金に詳しくない弁護士に相談してしまうと、この争点についての最新の状況を全く把握していない可能性があります。

「新レイク・旧レイクの争点なんて久々に聞いた」などという弁護士は、最近の新生フィナンシャル(レイク)に対する過払い金請求をほとんどやっていない危険性が高いので、依頼はしないほうが良さそうです。

この新レイク・旧レイクの争点ですが、下記のとおり、高裁レベルで圧倒的にレイク側の主張(旧レイク分は引き継がない)という判決が積みあがっているため、これから請求する方の場合は、残念ながら、旧レイク分の回収は難しい可能性が非常に高いです。

平成10年以前からレイクと取引のある方は、平成10年11月以降に、取引が、旧レイクから新レイクに切り替わっていますので、その後の新レイク分の過払い金のみ回収できる可能性があるということです。

いずれにしましても、過払い金は最終取引日から10年が経過すると時効となり、途中完済があるとさらに早く時効となる可能性もあります。

レイクへの過払い金請求は、レイクへの過払い金請求を数多く取り扱っている名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所にまずはご相談ください。

レイクに対する過払い金請求の流れ

レイクの過払い金フローチャート

レイクに対する過払い金請求の流れをご説明いたします。

レイクの取引履歴の取り寄せ

レイクは、当事務所が受任通知を発送してから、2週間ほどで取引履歴を開示してきます。

ここで、レイクは、1993年(平成5年)9月以前の取引履歴については、データをすでに破棄してしまっているため、取引履歴が開示されないという問題点がございます。

ただ、上記のとおり、1998年(平成10年)10月以前の取引は、今のレイクとは別の会社の「旧レイク」との取引になります。

このため、仮に、1993年9月以前の取引履歴が開示されても、この分の取引の過払い金については、回収が非常に困難なため、履歴の不開示が以前ほどは争点とならなくなりました。

レイクの過払い金の金額を計算

新生フィナンシャル(レイク)から取引履歴が開示されたら、すぐにレイクの過払い金の金額を計算します。

レイクとの取引当初から利息制限法の制限利率で取引していた場合と比べて、いくら払いすぎているのか、レイクの過払い金の元金がいくらなのか、過払い金利息はいくらなのかを、すぐに計算します。

計算の結果については、レイクも含めて、各社から取引履歴が開示されるごとに依頼者の方へご連絡します。

この点、大量処理型事務所の中には、依頼された会社の全ての取引履歴が開示されないと、依頼者に連絡しないところもあるので、くれぐれもご注意ください。

レイクに対する過払い金の裁判

名古屋地方裁判所

レイクの過払い金の計算結果がまとまり、ご本人の承諾を得ましたら、すぐに、新生フィナンシャル(レイク)を相手取って、過払い金の返還を求める裁判を起こします。

この点、裁判を起こす前の話し合いでは、新生フィナンシャル(レイク)側は、十分な金額を払おうとしません。

このため、新生フィナンシャル(レイク)を相手取って裁判を起こし、裁判を起こした後で、交渉を進めていくのです。

裁判を起こした後、当事務所では、できるだけ早く、新生フィナンシャル(レイク)側と交渉を進めるようにしています。

交渉がまとまれば、新生フィナンシャル(レイク)と和解となりますし、話し合いがまとまらなければ、裁判所で判決まで争っていきます。

この点、ほとんどの事務所では、裁判を起こしただけで、過払い金の報酬金が24%(税込26.4%)や25%(税込27.5%)に大幅アップしてしまいます。過払い金の全額回収を謳って宣伝しているような事務所も同じです。

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、裁判を起こしても、裁判が控訴審まで長引かない限り、過払い金の報酬割合は、20%(税込22%)のままです。

過払い金をしっかりと回収するうえで、裁判を起こすことは当然と考えているので、報酬割合を裁判を起こさない場合と同じにしているのです。

レイクに対して過払い金をしっかり取り戻したいとお考えの方は、裁判を起こしても報酬割合が変わらない名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所までご相談・ご依頼ください。

レイクから過払い金の回収

新生フィナンシャル(レイク)の場合、和解交渉がまとまれば、和解日から2か月後くらいに、過払い金を支払ってきます。

新生フィナンシャル(レイク)からの入金は、まず当事務所の預かり金口座に入金され、報酬・解決金と立替実費を精算の上、当事務所の口座から依頼者の方のお口座にお振込みする流れになります。

この点、大量処理型事務所では、「事務作業が増える」などという理由で、依頼したすべての会社の過払い金が回収が終了するまで、ご本人の口座に振り込まれないケースもあるようですので、くれぐれもご注意ください。

当事務所では、事務所の預り金口座に、新生フィナンシャル(レイク)からの入金確認後、3営業日以内には、報酬・解決金と実費を精算の上、ご本人様のお口座にお振込みしています。

また、精算・振込ごとに、きちんと明細書を作成していますので、どうぞご安心ください。

レイクの過払い金請求の争点

旧レイクと新レイク

これは、もともと株式会社レイクという会社があったのですが、その後、GEキャピタルコンシューマーローンという会社がもともとの株式会社レイク(旧レイク)から、営業権と営業資産を譲り受けて、平成10年8月27日に新しく株式会社レイク(新レイク)として、貸金業を営んでいることによる論点です。

以前は新生フィナンシャル(レイク)は、旧レイク分の取引についても、特に争うことなく、同じ取引として過払い金の支払いに応じていましたが、平成28年頃から、「旧レイク分の過払い金は引き継がない。新レイクになって、契約を切り替えた後の過払い金以外は支払わない。」という主張を、東京の弁護士を立ててしてくるようになりました。

この争点については、現在、地方裁判所や高等裁判所で判断が次々に出ている段階で、新生(レイク)側に有利な判決が特に東京高裁を中心に出てしまっています。

相手方の主張を支えているのが、最高裁平成23年3月22日第三小法廷判決です。

この事案は、タイヘイからCFJへの債権譲渡の事案で、過払い金が譲渡先のCFJに引き継がれるか否かが争われた事案です。

この中で、最高裁は、「貸金業者が貸金債権を一括して他の貸金業者に譲渡する旨の合意をした場合において、譲渡業者の有する資産のうち何が譲渡の対象であるかは、上記合意の内容いかんによるというべきであり、それが営業譲渡の性質を有するときであっても、借主と譲渡業者との間の金銭消費貸借取引に係る契約上の地位が譲受業者に当然に移転すると解することはできない」と判断し、過払い金を支払う債務について、承継しないという合意がある場合には、過払い金は引き継がれないという判断をしたのです。

相手方弁護士(レイク側の弁護士)は、この最高裁平成23年3月22日第三小法廷判決をもとに、旧レイクの取引で発生した過払い金については、新レイクは引き継がないという主張をしてきているのです。

新生フィナンシャル担当者の話では、新生(レイク)が現在のような主張を行うようになった平成28年(2016年)以降、平成30年7月現在、高裁レベルでは、新旧レイクを別々と判断する裁判例(旧レイク取引分の過払い金は引き継がないとする裁判例)しかないとのこと。

インターネットで検索すると、色々な弁護士が強気なことを書いていますが、そのような弁護士が、最近、地方裁判所・高等裁判所と続けて、完全に敗訴した判決まで証拠として提出されてきています(弁護士の方は、判例検索サービスで検索していただくと、そうした裁判例が多数出てきますので、ご確認ください)。

現在の趨勢ですと、契約を切り替える前の旧レイク分の回収については、かなり難しいといわざるを得ないのが現状です(平成30年7月現在)。

また、状況が変わりましたら、こちらで紹介させていただきます。

取引の分断

レイクでも、一度支払いを終えて、再度の借入れまでの期間が空いている場合、取引は2個に分かれているなどと主張し、最初の完済から10年が経過している場合には、そこまでの取引で発生した過払い金は最終取引日から10年が経過しているので時効であるなどという主張を行ってきます。

最高裁は、一度完済があった場合、必ず別々に計算するべきなどという判決は出していませんので、解約の有無やブランクの期間、利率の変化など個別具体的な事情をきちんと分析した上で、該当の方には適切なアドバイスを差し上げますので、ご安心ください。

貸付停止(時効の起算点)

取引の途中で返済の遅れなど借主側の信用状態が悪化した場合、貸金業者は、新たな借入れをできなくする措置(貸付停止措置)をとります。

レイクも、このように貸付停止措置を取った場合、それ以後の取引については、過払い金を充当する合意が認められないので、それぞれの取引日から10年が経過したら過払い金が時効となるという主張をしてきます。

この点についても、当事務所では、安易な妥協はせずに、徹底的に争っていきますので、該当の方には、見通しも含めてきちんとご説明差し上げます。

冒頭残高(取引履歴の不開示)

「旧レイクと新レイク」の争点が出てくるまでは、新生フィナンシャル(レイク)の裁判では、非常に多かった争点です。

上記のとおり、レイクの取引履歴は、1993年(平成5年)10月以前の取引履歴が開示されません。このため、例えば1989円(平成元年)から取引が始まっている方の場合、取引履歴が開示されない期間の取引をどのように取り扱うかという争点です。

以前は、この争点について、新生フィナンシャル(レイク)側の弁護士と裁判上でたくさん争ってきましたが、1998年(平成10年)以前の「旧レイク」分の過払い金の請求がほぼ認められなくなったため、現在では、この争点について争うことはほとんどなくなりました。

 

レイクへの過払金請求をお考えの方へ

レイクの過払い金は弁護士に相談!

レイクは、2007年(平成19年)以前は、年29.2%という非常に高い違法金利で貸し出しを行ってきた会社です。

取引の非常に長い方の場合、過払い金の金額が非常に大きな金額になります。

このため、当事務所のようにきちんとした過払い金の回収を目指す事務所と案件数だけを誇る流れ作業の大量処理型事務所とでは、実際に回収できる過払い金の金額に大きな差が出ます。

また、司法書士は、過払い金の金額が140万円を超えると、消費者金融やカード会社と過払い金の交渉をしたり、裁判を起こすことができません

このため、レイクに対する過払い金請求を司法書士に依頼してしまうと、計算結果が判明した段階で、また弁護士を探して依頼し直さないといけない可能性が高いです。

レイクとの取引の長い方は、最初から、名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所までご相談ください。

積極的な訴訟提起でレイクの過払い金を徹底回収!

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、レイクの過払い金請求について、ほぼ全件、裁判を起こして、新レイク分の取引については、利息部分も含めた徹底的な回収を目指しています

過払い金請求の大量処理型事務所の中には、裁判を起こす手間を省くために、裁判を起こさずに和解しているような事務所も多いようですが、当事務所の方針は全く異なります。

1円でも多く、依頼者のためにサラ金からお金を吐き出させるという使命感の下、徹底的な裁判・交渉を続けているのです。

レイクの過払い金をきちんと取り返したい方は、当事務所までまずはご相談ください!

レイクの過払い金を取り戻しましょう!

過払い金の相談を迷っている方へ

「自分が納得して借りたものだし…」

こんな理由から、過払い金の請求をためらったり、諦めたりする方もいらっしゃるようです。

でも、「過払い金請求」は、法律上つけてはいけない高い金利の部分だけを取り戻す手続きです。支払った金利を全て取り戻すものではありません。

また、いくらご自身が納得していても、利率が違法な場合は、法律上、支払う必要はなかったのです。

過払い金請求は、悪いことでも、恥ずかしいことでもありません

法律上許されない支払いすぎたお金だけを取り戻す手続きです。

みなさんに必要なのは、一歩踏み出して、弁護士に相談するちょっとの勇気だけです。

レイクの過払い金請求をお考えの方も、過払い金請求に強い名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所にご相談ください。

まだ相談できていない方へ

レイクと取引が長い中高年の方へ

1980年代や1990年代からレイクとの取引を始めた中高年の方

レイクに対する過払い金請求は、もうお済みでしょうか?

「借りたものは返さないと」という強い倫理観から、特に中高年の方の中には、20年以上も取引をしながら、いまだに過払い金を請求できずに、毎月利息の返済だけを続けている方も多いようです。

過払い金は、借りていた側から請求しないと、全額戻ってくることはありません

レイクが、レイクの側から過払い金の存在を教えてくれることはありません。

過払い金は、取引が終了してから10年で時効となってしまいます

レイクは、過去の違法金利のことは黙っておいて、完済から10年経ったら、「時効だから返しません」と主張するのです。

「借りたものは返さないと」と真面目にコツコツ返している方が、過払い金を時効で取り戻せなくなってしまうのは、弁護士として本当に心苦しいことです。

レイクの昔の借金を返し終わって10年経っていない方はもちろん、2007年(平成19年)以前からの取引で、レイクに返済を続けていて、毎月利息の返済だけを続けている方も、1日でも早く名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所にご相談ください。

利息だけを返済している方へ

レイクに請求予定の方も過払い金の期限に注意!

「過払い金には期限があります」。こんなフレーズを見たり、聞いたりしたことがある方も多いのではないでしょうか?

過払い金は、原則として、取引が終了してから(完済してから)10年経つと、時効となってしまい、法律的に取り戻すことが出来なくなってしまいます。

また、取引の途中で、一度完済して、空白期間があってから、再度借りたような場合は、一度完済した時点から10年が経過すると、過払い金が時効となってしまうケースもあります(「取引の分断」と呼ばれる過払い金の争点です)。

さらに、取引の途中で、借入れが出来ずに返済だけになったような場合も、貸金業者側は、それぞれの取引から10年が経過すると、過払い金は時効であると主張してきます(「貸付停止」と呼ばれる過払い金の争点です)。

このため、「過払い金、気になるけど、まだ先で良いか」という判断は、とっても危険です。

レイクの過払い金を請求予定の方も自分が対象であることがわかったら、1日でも早く、ご相談にお越しください。

請求したい!でも心配な方へ

家族に内緒で請求できます!

「過払い金を取り戻したいけど、借金のことが家族にバレるのが心配で」。

そんな悩みから、レイクの過払い金をまだ請求できていない方も多くいらっしゃるかと思います。

この点、過払い金請求は、家族に内緒で進めていけます!

ご依頼後は、当事務所が窓口となるため、ご本人に連絡は入りません。

レイクからご自宅に連絡が入ることはありません

裁判所からの書類や連絡も、当事務所に届きます

当事務所とのやり取りも、メールやお電話だけで進めていくことができます。郵送物をご希望されない方には、一切郵送物を送りませんので、ご安心ください。

以上のように、過払い金請求は、ご家族に内緒で進めていけます

当事務所では、ご家族に知られることなく過払い金の請求手続きを進めてきた圧倒的な実績・ノウハウがあります

家族に内緒でレイクの過払い金請求を進めたい方は、名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所までご相談・ご依頼ください。

弁護士費用が心配な方へ

「弁護士の費用が高くて赤字になるのが心配」。

そんな費用面の悩みから、過払い金請求に踏み出せない方も多くいらっしゃると思います。

当事務所では、これまで赤字で終わった方はお一人もいらっしゃいません

レイクの支払いを完了済みの場合は、着手金無料、0円です。

裁判を起こしただけでは報酬割合が上がらないのが当事務所の特徴です。

大量処理型事務所では、最低報酬金が必要だったり、裁判を起こしただけで報酬割合が大幅にアップしたり、様々な手数料がかかったりするところがあるので、注意が必要です。

弁護士費用についても、みなさんの立場に立って、きちんとしているのが当事務所です。

レイクの過払い金請求をお考えの方も、弁護士費用については、安心してご相談・ご依頼ください。

ブラックリストが心配な方へ

「過払い金請求したいけどブラックリストに載るのが怖くて」。

そんな心配からレイクに過払い金を請求できていない方も多いかもしれません。

この点、誤解されている方が非常に多いので、詳しくご説明します。

まず、レイクの支払いを完了している場合、つまり、レイクを完済済みの場合は、信用情報への影響は全くないため、ブラックリストに載ることはありません!

また、レイクへの返済中の場合でも、適法な金利で計算した結果、ご相談時の債務が全て消えて、過払い金が発生していた場合は、信用情報に影響することはありませんので、ブラックリストには載りません

一方で、レイクへの返済中の場合で、なおかつ、適法な金利で計算しても、債務が残る場合は、信用情報に事故情報として登録される可能性があるため、いわゆるブラックリストに載る可能性があります。

レイクに返済中で、ブラックリストに載りたくないという方は、ご相談前にご自身でレイクから取引履歴を取り寄せていただければと思いますので、よろしくお願いいたします。

取引履歴の取り寄せ方法

司法書士の金額制限に注意!

過払い金返還請求については、弁護士だけでなく、司法書士も取り組んでいます。

「なんとなく敷居が低そうだから」というあいまいな理由で、弁護士でなく、司法書士に相談しようという方もいらっしゃるかもしれません。

でも、弁護士と司法書士、過払い金についてお任せできることが全然違うってご存知でしたか?

司法書士が取り扱うことが出来るのは、過払い金の金額が140万円までの案件のみです。

過払い金の金額が140万円を超えると、司法書士は、過払い金の金額交渉も一切できませんし、ご本人の代理人として裁判を起こすことも一切できません

これは、よくテレビやラジオのCMやチラシなどで見かける「法務大臣認定司法書士」も同じです。「司法書士法人」「法務事務所」などが司法書士の事務所です。

「自分の場合はそんなに過払い金はないから」と勝手に判断するのは、とっても危険です。

借入金額が50万円だったとしても、取引期間が非常に長かった場合には、過払い金の金額は、簡単に140万円を超えてしまいます。

司法書士に依頼して140万円を超えた場合、ご本人が直接相手方貸金業者と交渉をしたりするか、新たに弁護士に依頼し直す必要が出てきてしまいます。とっても手間が多くなるリスクがあるのです。

特に、レイクの取引期間が長かった方や借入金額が多かった方は、最初から弁護士にご相談ください。

片山総合法律事務所なら依頼後も安心!

過払い金に強い片山総合法律事務所

片山総合法律事務所エントランス

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所は、2011年の事務所設立以来、過払い金請求に力を入れ続けている事務所です。

過払い金請求に真剣に取り組む所長弁護士が、レイクの件も含めて、全ての方の案件を担当するのが特徴です。

相談から裁判・交渉まで、所長弁護士が、全て担当します。依頼後の連絡も、所長弁護士が、直接差し上げますので、疑問点や不安な点をその都度解消することが出来ます。

過払い金請求は、依頼する弁護士によって、回収できる金額も回収までの期間も大きく異なる分野です。レイクに対する過払い金請求をお考えの方最初の弁護士選びがとても大事です

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、レイクに対する過払い金請求を数多く解決してきた実績があります。このため、レイクに対する過払い金請求をお考えの方も、安心して、過払い金請求をお任せ頂けます。

これからレイクに対する過払い金を請求しようというは、名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所までご相談ください。

片山総合法律事務所なら依頼後も安心!

過払い金スピード解決なら片山総合法律事務所

片山総合法律事務所受付

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、事務所設立以来、過払い金請求のスピード解決に取り組んでいます。

この「過払い金請求スピード解決」というフレーズ。当事務所が最初に使い始めたオリジナルのフレーズで、2011年の事務所設立以来、一貫して使ってきました。

そして、実際に、過払い金のスピード解決実績を積み重ね、レイクに対する過払い金請求でも、圧倒的な口コミと評判を集めてきました。

当事務所では、弁護士登録以来10年以上にわたって、過払い金請求に力を入れ続けてきた所長弁護士が、相手方の消費者金融やカード会社の対応をきちんと把握しています。

このため、無駄な交渉に時間を使ったりすることなく、できるだけ過払い金を多く取り戻せるように、スピーディに過払い金返還請求手続きを進めていくことができます。

レイクに対する過払い金請求をお考えで、「過払い金スピード解決」を望まれる方は、弁護士がたくさんいるような大量処理型事務所ではなく、過払い金に強い所長弁護士が全件担当する名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所までご相談・ご依頼ください。

過払い金に強い弁護士のみ

レイクの過払い金・お客さまの声

愛知県豊田市 男性

愛知県豊田市男性・過払い金請求のお客様の声

予想よりも早期の解決ありがとうございました。

言葉で表すには、言い尽くせぬ気持ちでいっぱいです。

一つ一つの対応にていねいで、かつ、早い対応で、早期解決にしてくださった先生に感謝しております。

過払い金の相談はどこに、と迷っていましたが、片山総合法律事務所を選んで良かったと心から思います。

今回の案件解決、本当にありがとうございました。

名古屋市中川区 男性

名古屋市中川区男性・過払い金請求のお客様の声

この度は、片山先生に大変お世話になりました。

本当にありがとうございます。

 

最初、相談に伺った時、実はかなり緊張していました。

妻と産まれたばかりの子供と3人で伺いましたが、片山先生は嫌な顔をしないで対応してくださいました。

やさしい語り口で、とても安心した事を覚えています。

妻の急な相談も受けてくださり、ありがとうございました。

片山先生の「依頼者優先主義」の理念、私もすごく実感しました。

妻も大変感謝していました。

ありがとうございます。

 

依頼後も、次々に片山先生から連絡があり、不安になることはありませんでした。

迅速な対応、本当にありがとうございました。

依頼してから1カ月もかからずに全て満額の和解。

全て片山先生のおかげです。

感謝の気持ちで一杯です。

この度は本当にありがとうございました。

また何かありましたら、相談させてください。

愛知県名古屋市中村区 男性

過払い金の評判とクチコミ(愛知県名古屋市中村区 男性)

私は、初めて弁護士さんに過払い金の件でご依頼させて頂き、いろいろな不安等ありました。

しかし、弁護士の片山先生にご相談させて頂いた中、説明の一つ一つがものすごく丁寧な印象を受けました。

ご依頼後も1件1件のメールの内容の丁寧さ、適格な交渉内容、私自身何一つ不安を残さず、迅速に解決して頂きました。

本当に弁護士の片山先生にお会いできた事を私自身感謝しております。

又、今後何か弁護士さんに依頼をかける時、私は迷わず片山先生にご相談させて頂きます。

ありがとうございました。

 

静岡県静岡市 女性

過払い金の評判とクチコミ(静岡県静岡市女性)

この度は本当にありがとうございました。

私はHPを拝見して、どうしても先生にお願いしたいと思っておりました。

勇気を出して無料相談に伺いましたが、案内してくださった女性の方もとても親切でした。

それでも緊張していた私を解きほぐしてくれたのが、先生の物腰が柔らかい口調と丁寧な説明でした。

遠方でしたが、本当に名古屋まで来てよかったなあーと思いながら、新幹線で帰ったことを覚えております。

その後は、進展があるたびに、先生からメールをいただき、気が付けば当初お聞きしていた日程より1ヶ月近くも早く、金額も利子を含めた満額で和解をして下さいました。

先生のHPを拝見して、私は勇気を出すことができました。

ですから、今もし過払い金請求で悩んでおられる方に勇気を持っていただけたらと思い、口コミをさせて頂いております。

先生をはじめ、片山総合法律事務所の皆様、ご多忙とは存じますが、くれぐれもご自愛ください。

東海地方で圧倒的な口コミと評判!

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所は、過払い金請求に力を入れる事務所です。

2011年の事務所設立以来、あっという間に、過払い金の分野で、東海地方で圧倒的な口コミと評判を集めるようになりました

ご依頼頂いた方からは、たくさんのお客様の声を頂いています。

みなさんがお住まいの地域のお客さまの声も見つかると思いますので、ぜひご覧ください。

相談予約申込みは今すぐ!

過払い金、どうしようかな」 とお考えの方。

悩んでいても、過払い金は戻ってきません!
まずは名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所の過払い金無料相談にお越しください!

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所エントランス

過払い金請求に真剣に取り組む弁護士が、
あなたの疑問や不安を解消いたします。

今すぐ、お電話かネットで、ご相談の予約申込まで済ませてください!

過払い金の相談料は無料です。

当日お持ちいただく費用はありません。

一歩踏み出して、お電話かネットでご予約下さい!(相談は完全予約制です)

過払い金相談時間

相談時間
11:00~12:00××
13:00~16:00

×

※法律相談は完全予約制ですので、事前にお電話かネットでご予約下さい!

事前にご予約の上、一度ご来所頂く必要があります。

※ご相談は、30分~60分程度です。

ご予約の時刻定刻に開始しますので、病院のような待ち時間はございません。

 

○平日

平日:①11:00 ②13:30 ③14:00 ④14:30 ⑤15:00

 

△土曜日月1回のみ土曜相談会を実施中

・5月は、5月22日(土)午後です。

土曜:①13:00 ②14:00 ③15:00

土曜相談も完全予約制です。事前の予約が必要です。

※土曜相談のご予約は前々日までに。前日・当日の予約・変更・遅刻・キャンセル不可です。

 

定休日:土曜・日曜・祝日

4月29日(木)から5月9日(日)は事務所休業日です。

相談予約申込はこちら

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所の受付

相談は完全予約制です!

片山総合法律事務所

予約専用電話 平日のみ 10:00~16:00

相談予約受付電話番号:052-533-3555

平日10:00~16:00

定休日:土曜・日曜・祝日

4月29日(木)から5月9日(日)は事務所休業日

予約専用電話 平日のみ 10:00~16:00

052-533-3555

※お電話がつながらない時は、ネット予約をご利用ください。

文責:弁護士 片山 木歩(愛知県弁護士会所属)

当サイトが提供する文章・画像等を、権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用をすることを固く禁じます。

事務所概要

片山総合法律事務所

片山総合法律事務所受付

営業時間:
平日 10:00〜16:00
(定休日:土曜、日曜、祝日)

052-533-3555

所長弁護士:片山木歩
愛知県弁護士会所属

住所

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅
3丁目25-9 堀内ビル2階

(名古屋駅から徒歩3分・
名古屋駅ユニモール地下街
6番出口直結)

事務所概要

次回の過払い金 土曜相談

名古屋駅の弁護士事務所ビル外観

名古屋駅の弁護士・
過払い金の土曜相談。

平日のみ10:00~16:00

052-533-3555

5月は、
5月22日(土)午後に開催します。

片山総合法律事務所

ご予約はお早めに!
(ネット予約は24時間365日受付中です。)