過払い金のスピード解決なら名古屋駅の弁護士にお任せ!圧倒的な評判と口コミで選ぶ名古屋駅前・片山総合法律事務所!

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所

過払い金スピード解決~名古屋駅の弁護士

〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目25-9 堀内ビル2階
(名古屋駅から徒歩3分・名古屋駅ユニモール地下街6番出口直結)

営業時間

平日 10:00〜17:30
(定休日:土・日・祝)

無料相談のご予約は今すぐ!

平日のみ10:00~17:30

052-533-3555

法務大臣認定司法書士とは

過払い金のCMでよく耳にする「法務大臣認定司法書士」と弁護士との違いを説明しています。

過払い金・法務大臣認定司法書士って何?

法務大臣認定司法書士=弁護士ではありません!!

「法務大臣認定司法書士」。

この言葉を、過払い金のCMなどで耳にされたことがある方も多いかもしれません。

この、「法務大臣認定司法書士」。弁護士と同じようなことが出来るのでしょうか?

 

過払い金が140万円を超える件は、裁判も和解もNG!

法務大臣が認定しているからといって、こうした司法書士が何でもできるわけではございません。

あくまでも、過払い金が140万円を超えない件について、裁判手続きや裁判外の和解の代理権限が与えられているだけです。

法務大臣認定司法書士には、過払い金が140万円を超えた場合、ご本人の代理人として裁判を起こすこともできません。

また、ご本人の代理人として相手方業者との間で、過払い金の和解交渉を行うことも認められていません。

過払金の金額が140万円を超える場合、法務大臣認定司法書士は、ご本人の代理人としては、何もできないのです。

 

ご本人が裁判所に行ったり、相手方業者と交渉する必要も!

上記のとおり、過払い金の金額が140万円を超える件については、いくら法務大臣が認定していても、司法書士には、ご本人の代わりに裁判所に行ったり、相手方と和解交渉をする権限はありません。

その結果、過払い金の金額が140万円を超えると、ご本人が過払い金の裁判のために、平日の昼間に裁判所に行って、裁判手続きに参加したり、平日の昼間に相手方業者と和解交渉をしたり、書類の取り交わしをしたりしないといけなくなります。

せっかく「法務大臣認定司法書士」という専門家に過払い金請求を依頼しても、これではご本人自身で過払い金請求をするのと同じになってしまいますね。

 

低い金額で和解されてしまうリスクがあります!

このように、過払い金の金額が140万円を超える件については、法務大臣認定司法書士であっても、裁判を起こしたり、和解をしたりする代理権は認められていません。

ご本人が裁判にいったり、相手方と交渉をすることが出来ない場合、どういうことになってしまうのか。

一つ考えられるのは、司法書士でも和解出来る140万円までの金額で和解をしてしまうという方法です。

ご本人も、「平日の昼間に裁判所に行くことはできないし」と、しぶしぶ和解に同意されてしまうかもしれませんね。

この結果、喜ぶのは、消費者金融やカード会社です。大変残念なことです

せっかく専門家に依頼しても、代理権限が限られている法務大臣認定司法書士の場合、いろいろな不都合がでてきてしまうようですね。

 

本人訴訟の形での司法書士の実質代理も認められません!

「法務大臣認定司法書士」という肩書の方の中には、上記のように140万円以上の裁判や和解交渉の代理権限が無いことを知りながら、形式上はご本人が本人訴訟として裁判を起こす形にして、実質的には訴状や書面などの作成を全て司法書士が行うという方法をとっている方もいらっしゃるようです。

しかし、このような「本人訴訟支援」。裁判所でNGを出されています。

富山地方裁判所平成25年9月10日は、このような法務大臣認定司法書士に権限がない140万円を超える過払い金の裁判について、形式的には本人訴訟でも、実質的に法務大臣認定司法書士が訴状など書面作成などを行っている場合には、無効であり、裁判を起こすための要件を満たさず、不適法であるとして、訴えを却下しました。

最高裁平成28年6月27日判決は、1社の過払い金が140万円を超えた案件について、法務大臣認定司法書士には裁判所での代理権だけでなく、裁判外での相手方業者との和解交渉も認められないと判断しました。

司法書士が、「本人訴訟支援」などという名目で、140万円を超える地方裁判所の裁判での過払い金の裁判の書面を作成したりすることは、弁護士法72条や民事訴訟法第54条1項に反するという判断が最高裁判所でなされたのです。

弁護士法72条は、法務大臣認定司法書士に代理権が認められる140万円を超える案件については、弁護士や弁護士法人でない限り、裁判や和解などをしてはいけないと定めています(罰則は2年以下の懲役または300万円以下の罰金です)。

ご本人が知らないうちにこうした法律違反を犯していまうリスクがあるなんて、本当に怖いですよね。

最高裁判決を受けての最新状況

上記、最高裁判所の平成28年6月27日判決を受けて、消費者金融業者などでも動きがあります。

大手消費者金融のある会社では、過払い金の金額が140万円を超えていた場合、これまでは法務大臣認定司法書士をご本人の「窓口」として金額交渉も行っていたそうですが、最高裁判決を受けて、法務大臣認定司法書士とは一切話しをせず、必ず全件ご本人と直接交渉をして、書類のやり取りも司法書士を通さずにご本人と直接行う方針に切り替えたとのことです。

逆に言うと、せっかく法務大臣認定司法書士に依頼したのに、過払い金が140万円を超えていた場合、相手方業者との交渉や書類のやり取りは全てご本人で行わないといけなくなってしまうのです。

これでは、過払い金請求を専門家に依頼した意味が何もないと思いますが、いかがでしょうか?

「5分で無料診断」や「来所不要で過払金調査」などという法務大臣認定司法書士は、140万円を超えると、実際の過払い金の裁判や交渉は一切行うことはできないのです。

それでも、法務大臣認定司法書士の司法書士法人に過払い金請求を依頼されますか?

「法務大臣認定司法書士」まとめ

以上みてきました通り、「法務大臣認定司法書士」というのは、過払い金請求について、弁護士と同じことができるわけではありません。

あくまでも過払い金が140万円未満の件に限って、裁判や和解の権限が認められているだけです。

取引が非常に長い方や借りていた金額が大きかった方は、過払い金が140万円以上に達するケースも非常に多くあります。

こうした方は、「法務大臣認定司法書士」ではなく、最初から弁護士に依頼された方が、圧倒的に安心ですね!

 

過払い金・弁護士と司法書士との違い
 

相談予約申込みは今すぐ!

過払い金、どうしようかな」 とお考えの方。

悩んでいても、過払い金は戻ってきません!
まずは名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所の過払い金無料相談にお越しください!

弁護士バッジと弁護士手帳

過払い金請求に真剣に取り組む弁護士が、
あなたの疑問や不安を解消いたします。

過払い金の相談料は無料です。

当日お持ちいただく費用は一切ありません。

一歩踏み出して、お電話かネットでご予約下さい!

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所外観

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所は、名古屋駅から徒歩3分

名古屋駅ユニモール地下街6番出口直結堀内ビル2階にあります。

1階にジュンク堂書店とソフトバンクのショップが入る歴史と伝統のあるオフィスビルに入っています。

駅に近いだけの雑居ビルではありませんので、安心です!

ご相談は完全予約制となりますので、事前にお電話かネットで、ご予約ください。

過払い金相談時間

相談時間
11:00~12:00××
13:00~17:30

×

※法律相談は完全予約制ですので、事前にお電話かネットでご予約下さい!

○平日11:00~12:0013:00~17:30

※最終相談開始:17:00スタート

(ご相談内容により17:30スタートも可能です。個別にお問い合わせください)

△土曜日月1回土曜相談を実施中

13:00~17:00(最終16:00スタート)です。
※土曜相談のご予約は前々日までに。前日・当日の予約・変更・遅刻・キャンセル不可です。

 

※相談時間は30分~60分程度です。

ご相談は、ご予約の時刻定刻に開始しますので、病院のような待ち時間はございません。

定休日:土曜、日曜、祝日

12月26日(水)から1月7日(月)は、年末年始休業期間です。

▼土曜相談は月1回程度実施します。土曜相談も事前の予約が必要です。

  • 土曜日相談希望の方は、個別にお問い合わせください。

相談予約申込はこちら

  • 平成20年以降に始まった取引
  • ショッピングのリボ払い
  • 銀行のカードローン
  • モビット・オリックスなどの借入れ

では、過払い金は発生いたしません!

⇒ 過払い金の対象となる方

⇒ いつ借りたか忘れた方

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所の受付

相談は完全予約制です!

名古屋駅前・片山総合法律事務所

平日10:00~17:30

(定休日:土曜・日曜・祝日)

12月26日(水)から1月7日(月)は、年末年始休業期間です。

平日のみ 10:00~17:30

052-533-3555

12月26日(水)から1月7日(月)は、年末年始休業期間です。

※予約専用電話です。

※お電話がつながらないときは、ネット予約をご利用ください!

※当事務所では、電話での過払い金相談は一切行っておりません。

上記電話番号ではご予約のお電話のみ受け付けております。

当サイトが提供する文章・画像等を、権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用をすることを固く禁じます。

事務所概要

片山総合法律事務所受付

名古屋駅の弁護士・
片山総合法律事務所

052-533-3555

営業時間:
平日 10:00〜17:30
(定休日:土曜、日曜、祝日)

住所

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅
3丁目25-9 堀内ビル2階

(名古屋駅から徒歩3分・
名古屋駅ユニモール地下街
6番出口直結)

事務所概要はこちら

次回の過払い金 土曜相談

名古屋駅の弁護士事務所ビル外観

名古屋駅の弁護士・
過払い金の土曜相談。

ご希望の方は、個別にお問い合わせください。

ご予約はお早めに!
(ネット予約は24時間365日受付中です。)